英会話の習得といえばとてつもない量の単語を暗記したり、ハードルの高そうなフレーズを根気よく書いては覚える、といったことが思い浮かびますよね?

他にも、英会話の習得法としてよく目にするのが「聞き流すだけの英会話教材」や、スマホのアプリで空いた時間に単語を記憶するなどの方法も近ごろでは「あるある」でしょう。

ところがそうした英会話の教材で、これまでとは一線を画した英会話教材があります。

それは、これまでの英会話習得法を真っ向から覆す勢いの「イングリッシュブレークスルー」という学習動画。

「イングリッシュブレークスルー」の教材発起人は、サチン・チョードリー氏。

ちまたでは「魔法の英会話」などと言われているようです。

とにかくこれまで必死で暗記、暗記の連続だった英会話の勉強法が考え方を変えることで英語への苦手意識が吹っ飛び、英会話が上達するというウソのようなホントの話しです。

実際「イングリッシュブレークスルー」で、英会話の上達者が続出しているという評判もあるようです。何かジワジワ興味がでてきませんか?

【イングリッシュブレークスルー】英会話教材の発起人サチン氏とは?

いったい「イングリッシュブレークスルー」という英会話学習法ってどんな内容?

はたまた、そんな魔法のような学習法を考案した人はどんな人なの?と、興味を持たれたのではありませんか?

そこで、早速「イングリッシュブレークスルー」の教材発起人、サチン・チョードリー氏の生い立ちをひも解いてまいりました!

サチン・チョードリー氏の生い立ち

魔法の英会話「イングリッシュブレークスルー」の教材発起人であるサチン・チョードリー氏は、1973年インドのニューデリーで生まれました。

インドと言う国が、とてつもなくシビアな学歴社会であることをご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな異常ともいえるインドの学歴社会に疑問を抱いたチョードリー氏が、5歳の頃に過ごしたバブル期の日本に強いあこがれを持ったのは当然の成り行きだったかもしれません。

バブル期の東京で過ごした日々が忘れられず、丸腰で再び日本を訪れたのはサチン・チョードリー氏が23歳の時。

「イングリッシュブレークスルー」の教材発起人である現在のサチン・チョードリー氏は、素晴らしいキャリアや業績の持ち主ですが、その生い立ちはごく普通の家庭だったようです。

チョードリー氏はインドのどこにでもある家庭で育まれ育ち、その学歴はずば抜けてレベルが高いということもなく極めて一般的だったと言います。

ですが、たったひとつ非凡なことがあったのです。

それは、チョードリー氏の持つ「行動力」と「将来を見通す力」。

超学歴社会のインドに残っていても収入面や将来において、大きく羽ばたくことができないと見越した彼は、父親の仕事の関係でしばらく来日していた5歳の頃の、バブル期に輝く日本の可能性を信じて、再び来日します。

しかし、そこには大きく立ちはだかる壁があったのです。言葉が通じない。外国人である。

それらは、当時としては解決することのできない大きな障壁になったのです。

営業職に就いた彼は、来る日も来る日も成果を上げることができず、心身ともに疲弊します。

しかしある時、トップ営業マンである先輩の口調をメモし、まねることから始めようと思い立ちました。

外国人だから成果を収めることができない、といった考え方を一新し、外国人だからこその強みを見出した彼は、その時から受け身の姿勢を一変させたのです。

マイナス思考からプラス思考へ、また疑問を感じたことは何事においても積極的に尋ね、その都度解消して取り組んだ結果、気がつけば売上高1位の座に君臨していました。

見事な成功を遂げたサチン・チョードリー氏を作り上げたのは、ほかでもない彼自身のこうした積極的な思考や行動力だったことは言うまでもありません。

サチン・チョードリー氏の現在

サチン・チョードリー氏は現在、セミナーの講師はじめ英語教材の開発や執筆家としても、また上々企業を含む経営コンサルティングなど経営に参画、幅広く活動していらっしゃいます。

さらには、AVS株式会社の代表取締役会長、株式会社ITTR代表取締役社長としていくつかの会社を経営。

言葉が通じないもどかしさの中で不当な扱いを受け、不運な日々を送らざるを得なかった彼にとっての転機が訪れたのです。それは、印僑大富豪から受けた教え「ジュガール」でした。

※ジュガールとは、できないと思っていると思考が停止してしまう、難しく考えずにシンプルにできることだけを考え続けよう。そうすることで、これまでになかった考え方や技術が導かれ、新たな価値を生み出すことが可能になる、といったインドの哲学です。

「ジュガール」の教えを土台として、今日では祖国であり母国であるインドはもちろんのこと、日本やアジアで数々の事業を展開する押しも押されもしない実業家となったのでした。

パナソニックや日立、東芝、富士通や日産、NECはじめ神戸製鋼、JTBなど一流企業での異文化経営・異文化戦略を指導する国際コンサルタントとして快進撃を続けています。

「イングリッシュブレークスルー」で簡単に英会話が!

では、チョードリー氏が開拓した「イングリッシュブレークスルー」の内容とは?いったいどんな内容なのか?知りたいところですよね?

一緒に、「イングリッシュブレークスルー」をひも解いてみましょう!

教材「イングリッシュブレークスルー」は無料?!

見出しにありますように、動画教材「イングリッシュブレークスルー」は無料です。

かつ、簡単に英会話を学習することができるという、これまで類を見ない英会話教材です。

まずは、無料の教材というワードに驚かれたかもしれませんね。

私を含め、ほとんどの方が「無料」というワードには心惹かれるものがあるのではないでしょうか?

「イングリッシュブレークスルー」という教材が無料と言うことにも驚きですが、その内容についてはこれまでの英語教材のあり方を覆すイメージとなっています。

ではなぜ無料なのか?このあたりが気になるところですね。

最近は、YouTubeで知りたいことがいろいろと勉強できたりします。

とてもためになる動画が多く、無料で視聴できます。

YouTubeが無料で視聴できるシステムはYouTubeが広告収入によって成り立っているからです。

広告収入が入ることによって私たち視聴者は無料でYouTubeを視聴できます。

「イングリッシュブレークスルー」も、実はYouTubeと同じ仕組みといえるのです。

なので、安心して無料で英会話の勉強ができます。

特に英会話を勉強するにあたり、どういった心構えで勉強すると最高の効果をえることができるのか?といったことが盛り込まれています。

目からうろこの「イングリッシュブレークスルー」

横文字を見るだけで拒絶反応が!とまでは行かなくても、英語に苦手意識を持つ人は多く、その時点ですでに英会話習得は成り立ちません。

いったい、どうすれば英語が大の苦手でも日常会話くらい話せるようになるのかしら?とこれから英会話を習得しようとされている方は特に、苦手意識の改善に大いに悩むところでしょう。

そんな英語アレルギーの方にこそ観ていただきたいのが「イングリッシュブレークスルー」の英会話教材です。

じゃあ、動画を観ることで英語アレルギーが払拭されるの?といった疑問を持たれたかと思いますが…。

ハイ。「イングリッシュブレークスルー」の動画を観られた方の多くが英語に対する考え方が一変したといった評判をここかしこで聞くことができます。

英会話の勉強をスタートさせるにつき、一番大事な要素は、楽しく簡単に勉強できるということですよね?

英会話を習得することに興味がわいてきた!と言えるようになることこそ上達の第一歩であり、必須条件でしょう。

動画をごらんになることで英語への苦手意識が軽減し、「英会話上達のポイント」が自然に分かります。

「イングリッシュブレークスルー」には、英会話の学習がスムーズに運ぶアイディアやデータがいっぱい詰めこまれているのです。

もちろん「イングリッシュブレークスルー」はそのまま動画をお薦めして、それでおしまいではありません。

さらにいろんなサービスが充実しているので、こちらの方もトータルで活用することで、英会話へのとらえ方もこれまでとは違ってくるでしょう。

無料でこんなに素晴らしい動画教材があるのに、知らない方がいらっしゃるとすれば、それはたいへんもったいない話しです。

さらに深く勉強したい方には有料のプログラムもありますよ。

「イングリッシュブレークスルー」がなぜ魔法の英会話と言われているのか?

それは、英語に対する考え方が一変する、英語アレルギーの方が英語を勉強してみたい!と思えるようになる、これこそが何をかいわん「魔法」と言えるのではないでしょうか?

サチン氏の「イングリッシュブレークスルー」まとめ

「無料で英会話が勉強できる?!」最近では、このようなフレーズを聞いても驚かない方がいらっしゃるかもしれません。

しかし「イングリッシュブレークスルー」は、無料でありながらこれまでの英語教材とはまったく切り口の違う勉強法。

いつの間にか英会話の勉強を楽しみながら上達しつつあるご自身を発見して驚かれることでしょう。

そんな「イングリッシュブレークスルー」の生みの親であるサチン・チョードリー氏が並々ならぬ努力と苦労の末考案した英会話習得法は思い切りムダを省いた分、超実践的に英会話が上達する仕組みになっています。

4つの動画をごらんになったあなたは、英語に対する姿勢だけではなく人生における姿勢が、思考が、一変しているのに驚かれるかもしれません。

サチン・チョードリー氏の4つの動画を知ったあなたは、英語だけではなく人生においても成功へのスタートを切ることでしょう。

関連キーワード
  • イングリッシュブレークスルーの英語学習方法は?主な英語学習と評判まとめ
  • 【イングリッシュブレークスルー】英会話教材の発起人サチン氏とは?
  • 【英語初心者必見】イングリッシュブレークスルーは料金無料で学べる最強の英語教材
  • イングリッシュブレークスルーってどうなの?評判・口コミまとめ
  • 【初心者必見】イングリッシュブレークスルーがオススメ英会話な5つの理由
おすすめの記事